2006年02月27日

星屋心一の作品解説・植林二本目篇
 その1 「『たからもの』の文章を書くにあたって」

 植林二本目『たからもの』の文章を書くいま、はっきりと悩んでいる。この演劇をどう論じればいいのか分からない。作品が混乱しているのではない。私が面白いと感じる要素が多過ぎるのである。

 試みに、その要素を箇条書きにしてみよう。

1.感涙必至の名作と呼べる事実。(『たからもの』を観たものは「小鬼」と「隊長」の対話などを想起して欲しい。ここには物語構成の稀有なアイディアがあると思う。)

2.日常とファンタジーの融合という点。(私見によれば、この作品は現在の日本のアニメーションのトレンドと重なる部分がある。『今日からマ王!』『ノエイン』などのアニメが完結を迎える現在、日常とファンタジーの関係に新たな視点が提示されている。しかし『たからもの』こそこの問題に対して解決を与えているように見える。)

3.演技・演出の特異さ。(暗転や役者の問題を私は「植林一本目篇」でも論じた。しかし、ファンタジーというジャンルを得て、その効果は自在となった印象がある。)

4.この物語が人間の勇気と奇跡を題材としている事実。(この組み合わせはファンタジーの王道である。しかし『たからもの』の「勇気」と「奇跡」にはそうした物語の型とは異質な印象がある。これは作品の「人間」観の違いにあるだろう。この「人間」を探っていくと、物語のシンプルな外観からは想像がつかない絶望さえ見つけそうである。だが、奇跡はそこに存在する。)

 これらの難題を思考することにも困難を感じる。しかし、本当の悩みはそこではない。

5.『たからもの』の完成度が要素の分割を拒むように感じさせる点。(つまり、以上の異なる要素をまとめて論じる必要を感じる。そうした作品が優れていると思うが、ここまで異質な要素に分割点が見出だせないのは本当に困る。)

 さらに、以下の事実が『たからもの』を語る者の明白な困難となる。

6.作品世界に関わる謎が明かされていない。(作中で語られる「呪い」とは何か。「魔女」「小鬼」とは誰か。この謎の感触は象徴では片付かない精密さを感じる。この解明を避けて論じようにも、5.の完成度がそれを許さない印象がある。)

 このように、悩む理由を列挙したことで、私は文章を書く重圧を高めた気がする。どう解決するか、の目論見は皆無である。ただ私には『たからもの』を「真新しいファンタジー」として論じたい意欲があるだけだ。ここには確かに新しい価値の創造があると確信する。それに触れた返礼として、これを論じる困難はいくらでも引き受けたいと思う。そして、私の論の成功や失敗を、あなたが厳しく見届けてくれることを希望している。【次を読む】
posted by 東京青松 at 00:00| 作品解説・植林二本目篇