2006年03月06日

星屋心一の作品解説・植林二本目篇
 その8 「倦怠という物語」

――姫:「ああ、もう。どうしてすぐにそうなの? わたしはそんなことは言ってない! それに、王子に言う必要だってないでしょう?」
  王:「だってお前……。」
  姫:「やめて! もうおしまい! 喧嘩したくないの。」(十一場)

 引用文の「そんなこと」とは、王が薦める結婚相手(王子)を拒否して、隊長と結婚する意志を示したことを指す。彼女は確かに「政治のついでの候補なんて……。そんなことなら、隊長と結婚します!」(四場)と条件節付きで言ってはいる。しかし、それは「問題をきちんと解決して、自分の選んだ人と結婚するわ」(四場)という意志の延長線上にあるものだし、実際には売り言葉に買い言葉のように「勢いで言った」言葉である。つまり姫が「わたしはそんなことは言ってない」と言うのは決して間違っていない。無理矢理結婚相手を決めるならば、隊長と結婚する、という意味なのである。だから「どうしてすぐにそうなの?」という姫の嘆きは、王の性急な思い込みによると言えるだろう。

 しかし一方で、姫も王に自分の気持ちを充分に伝えているとは言えない。四場と十一場どちらの場面でも「姫、行ってしまう」とのト書きが書き込まれている。つまり立ち去って話を打ち切ってしまうのだ。王に対して、「隊長」という名前を挙げたことの理由を伝える努力をしていれば、王の思い込みを正すこともできたかもしれない。自分の気持ちを最後まで伝えることを姫は避けてしまう。ここには、王と決定的に対立することを嫌う優しさも感じるし、自分の気持ちを自分自身に明らかにしてしまうことを恐れているような印象さえある。相手を説得することを諦めているふしもある。

 このように、引用の場面の印象を説明してみたが、一般的な親子の反目と特に異なる点は少ない。解決に向かえない対立がそこにあるという事実。この引用の場面は、家族が持つ独特の倦怠感の表現としてある。だからこの「親子喧嘩」が中心的な事件として進行する物語の中盤まで、物語は奇妙な小休止を迎えているのである。隊長・姫・王子・王・王妃・魔女・小鬼という、その名だけで数々の空想を誘う人物たちが、どんな組み合わせで物語を進行させるのか。そのことがまだ、この「親子喧嘩」の時点ではまだ不明なのだ。なすべき明確なクエストが見えずに、曖昧な対立が物語を覆っている。それを私たちは緊張して見つめざるをえない。物語が小休止を終えて、真新しさに転じる瞬間を見逃さないように。そして確かに、その物語の再開は驚くほど早かったのである。【次を読む】
posted by 東京青松 at 00:00| 作品解説・植林二本目篇