2007年07月25日

星屋心一の作品解説・植林四本目篇
 三章 世界を更新すること(2)名づけによって

――父:やはり、行くか。
  一光:はい。
  父:……わしは、この日を待ち焦がれていたのかもしれん。
  一光:?
  父:お前の名を付けるときな。
  一光:は。
  父:これが、大変だった。猫の子にすら名を授けたことのないわしが、やんごとなき子の名を付けなくてはならん。
  一光:そんな。
  父:まあ、聞け。最初に思いついたのは「桃太郎」だった。
  一光:桃太郎?
  父:桃のようなものから生まれたから、桃太郎。単純だろう。あまりにも単純な上に、あれは桃ではないのだから、やめた。(三場)


 父の話はこの後も続く。未整理と言えるその話の長さによって、別れを惜しみ続ける父の心の流露が感じられる。彼が語る名づけの行為には、人間にできる冒険がある。まず、父は「桃太郎」という名前を慎重に退ける。桃の中に赤子がいるという奇跡的な出来事をただ受け容れているのでなく、そこに等身大の観察や思考を通わせているのである。

 次に父は「桃」以外の赤子の起源を想像する。引用の後に、「天助」「天太郎」「月光」「星光」「照助」「輝太郎」というさまざまな名前を考えた事実が語られている。それらの名前は全て、一光が「どこからやってきたのだろう」という発想から生まれている。しかし、あるときから「どこからやってきた」という起源はもう重要でなくなるのである。

 生きている時間を想像しよう。赤子を腕に抱く独身男のいる時間である。彼は赤子に名づけようとして「天」や「星」など赤子の起源(の推定)を名に記そうとした。そのどれもうまくいかない。彼は最終的に「一光」という名を選ぶ。この命名の瞬間に彼は起源のことを忘れている。おそらく、赤子の生命を「ただ一つの光」と感じているからである。

 生命とは未知である。そして、その未知の中には何か大きな意味があるとも感じられる。特に生まれたての生命に出会うとき、私たちはそうした感覚を持つ。きっと赤子を抱く独身男もそうである。父は「光」という名を赤子に与えようとするが、それは天からの「光」ではない。地上の一つの生命の内にある輝かしさを「光」と感じたのである。

 このようにして父は「一光」と命名する。一光から最も大切な現実を受けとって名づけている。同時に、受けとった現実を一光に与えているのである。名づけによって、人はかけがえない固有の現実の交換を行う。「これが、大変だった」と振り返ることから、頭を絞り心を込める等身大の信があることも確認できるだろう。この名づけこそ父と一光が共有する「心の起点の時間」を与えることになるのである。【次を読む】
posted by 東京青松 at 00:00| 作品解説・植林四本目篇