2006年03月24日

星屋心一の作品解説・植林二本目篇
 その26 「世界へ」

  ――王子、石を載せた方の姫の手を優しく握る。
    歩いていく二人。
    誰もいない舞台に、虫の音が聞こえてくる。
    いっぱいの虫の音の中に、忍び入るように音楽。(二十二場)


 このとき、彼らはこの虫の音をどう聞いたのだろうか。姫と王子は自分たちを生かしめる世界への信仰を持っている。虫の音は、そうした世界の一つの出来事として響きわたる。この虫の音は彼らの心にどう響いたのだろうか。

 地を這う虫たちの姿は見えない。だが、彼らの奏でる音楽は彼らが世界に生きていることをはっきりと証している。既に世界の中に「見えない何か」を感受している彼らは、生命力を感じさせる虫の音に、世界の在りようを感受しただろう。

 おそらくそれは、「見えない意志」が横溢している世界のイメージである。自分たちを生かしめた「見えない何か」、虫たち、夜の風。彼らが生きる世界に無数の意志があること。そして、世界がそれらの意志を通わせて存在していること。姫と王子は世界にこのような充満したエネルギーを捉えたに違いない。

 虫の音を耳にすること。この日常的な行為によって、彼らはエネルギーの充実に触れることができる。私たちはどうだろうか。私たちは『たからもの』の虫の音をどのように聞いたか。そして、私たちは世界に何を聞くことができるだろうか。

『たからもの』で鳴り響いた虫の音を想像しよう。姫と王子が何を聴いたかに思いをこらそう。彼らの生をリアルに捉えることが、その想像を確かに生きたものとするだろう。そうして、私たちは『たからもの』の世界を耳にする。登場人物と私たちの共鳴が、世界に音を増やしていくのだ。そして、ひとたびこの耳を日常世界へ差し向けたとき、私たちは世界に見えない意志を感受することが可能となる。私たちに与えられたこの可能性こそ、この作品が与えた「たからもの」となるだろう。【次を読む】
posted by 東京青松 at 00:00| 作品解説・植林二本目篇