2006年11月19日

星屋心一の作品解説・植林三本目篇
 一章「あなた」とは誰か? (3)木下優二とは誰か・2

 木下優二は何に心を向けていたのか? その明確な答えを得ることは困難である。木下優二はこの作品において徹底して釈明をしない登場人物であり、彼の心理を捉えるために単純に情報が少ないのである。しかし、これだけははっきりと言える。その疑問の答えは私達の眼前に提出されている。この作品に木下優二の心は確かに存在しているだろう。

 例えば東京青松の暗転は物語を容れる独自の構造を持っている。その独自さが、暗転の中の木下優二を読むことの保障となるだろう。ちなみに、暗転について私は『東京青松の道/客席から』・植林一本目篇その2その3で詳説している。しかし、植林三本目『あなたへ』における暗転の物語は、また別の趣をもって観客に感受されるだろう。それは特に、木下優二の場合に顕著である。


  清美:ねえ優ちゃん、私のこと好き?
  優二:え?
  清美:好き?
  優二:ん。
  清美:え? ちゃんと言って。
  優二:……。


         暗転。(十四場)


 暗転で語られた物語を推測することはたやすい。引用で「ん。」とぶっきらぼうに肯定する優二の中で、清美に対する愛情と気恥ずかしさが交差している。ここには、優二の愛情が物語られるエピソードが含まれているのだ。それを推測することで物語は厚みを増す。しかし、それは推測の終着点ではない。前回触れた清美に対する彼の行動をそこに合わせてみよう。清美に愛情を持つと同時に、心を欠いてしまう人間である。

 さらに言えば、彼は清美に性交渉を求め断られた腹いせに家を飛び出すような人間である。そのとき彼が別の女性と会っていたという話もある。こうした多くの要素を推測の材料に投げ込むと、彼の心の本体を定めることは難しくなるだろう。清美への愛情に気恥ずかしさを覚えながら心を欠き、同時に他の女性とデートする男。むろんデートも誤解の余地はある。なぜならそれは暗転の中の出来事であり、はっきりと我々が目にしたわけではない。このように、事実関係さえ不明確であるのだから、彼の心はますます不定となる。

 ここが推測の限界点である。しかし、それは答えがないことを意味しない。優二を判断する一番の材料を残している。それは私たちの目の前にいる優二自身である。実際に、優二という人となりに接して、彼がどういう人物かを直観する。答えがないのではない。観客一人一人が別の解答を生み出すこととなるのだ。つまり優二という人物を知るためには、彼に接したあなたの心を問い尋ねてみなければならない。

 東京青松の「心劇」の中で、私たちは現実の人と向き合うようなやり方で優二と出会うことになる。事実や心が不定であること。それでも相手から何かを受け取り、自分の心によってその何かを定めていくこと。事実の推測の果てに、彼が何者であるかを判断することが心の試練となる。多くの人はこのことを自覚しないし、時に「誰も本当は分からない」というシニカルな認識にこもろうとするだろう。しかし、心の試練はこの現実に存在しているのだ。

 だから優二は私たちの中の一人である。取替えの利かない個性を持つために、推測やイメージを拒む存在である。推測や想像力やイメージを働かせるだけではなく、それを自分の心で受け取ることが求められている。あなたにとって優二とは、どのような人物だろうか。それがあなたの心が選んだ彼の事実であることを、確かめてみるといいだろう。相手の心を受け取ろうとし、心が動く作業。その心の試練というべきものの感触は「対話」というに近い。東京青松の「心劇」中には、このような対話があるのだ。【次を読む】
posted by 東京青松 at 00:00| 作品解説・植林三本目篇