2007年07月11日

星屋心一の作品解説・植林四本目篇
 一章 生きている空間の中で(2)微動する心身という空間

――父:……一光。わしはお前を育てた。
  一光:ええ、もちろんです。感謝しております。(一場)


 ある人の不意の沈黙に触れて、まず私たちが見るのはその人の顔だろう。そのことで私たちは人の真意を捉えようとする。ならば、顔は真意を示すだろうか。答えは否である。顔は表情豊かだが、真意の全てを伝えることはない。

 だから、私たちは顔の奥にある心を探ろうとする。顔を表面として、その変化を生み出す深層を推し量ろうとする。このとき、心は空間となる。心は「顔という表面と真意という奥行をもつ空間」だと仮構される。

 ところで、心は心臓と重ねられる。人の内部にあり常に働くもの。意ならず強まり消え入る不安を与えるもの。なるほど、これは巧みな比喩だ。心と心臓は連動することもしばしばである。だがそれは比喩に過ぎまい。特に他人の心についてはそうである。

 心の比喩の重ね合わせをほどいてみよう。私たちは他人の心というものを、どのように実感しているだろうか。

 引用を見る。「……」という沈黙に触れて、私たちは父の顔をみる。その顔は真意の全てを表わさない。言葉もまたそうである。父は一光を「育てた」事実をことさら語ろうとするが、私たちにとって、その真意は不明である。父の心は、不透明な空間として浮かび上がる。

 しかし、ただ一つ明らかなことがある。それは父の心がいつもの親密な場と異質なものだということだ。心という不透明な空間は、場と異質な父の「個」となる。このようにして、父の身体が個のカタマリとして意識される。というのも、私たちにとって個という単位はいつも身体であるからだ。

 まとめよう。あるときの心とは全身である。異質な心を探ろうとする集中において、他人の全身が心という空間として現われる。私たちの注意は、顔から全身へと向かう。とはいえ、身体は表情豊かではない。だからこそ、身体の微動が心の発する看過できない波動として感知されるのである。

 微動する心身という空間。これを演劇の単位として扱うことは、現実的な感覚において正しい。引用の箇所で父の微動は、その真意を決して伝えるものではなかった。しかしその微動は、ミニマルであるが心が発されようとする緊張と、父の個である輪郭を強く印象づけたのである。【次を読む】
posted by 東京青松 at 00:00| 作品解説・植林四本目篇